交通事故相談、後遺障害等級認定、交通事故被害者のサポートなら事故相談・後遺障害等級認定全国マップにお任せ下さい。

交通事故・後遺障害等級認定全国マップ » 精神・神経の障害 » 抹消神経障害(むち打ち症など)

精神・神経の障害

抹消神経障害(むち打ち症など)

  • 頚椎捻挫
  • 頸部挫傷
  • 外傷性頸部症候群
  • 外傷性頸部捻挫
  • バレ・リュー症候群

など、いわゆるむち打ち損傷の後遺症がここに含まれます。

末梢神経障害に関する等級の認定は、原則として損傷を受けた神経の支配する身体各部の器官における機能障害に関する等級により認定するとされています。

抹消神経障害の認定基準

後遺障害等級表によると抹消神経障害の基準については以下のようになります。

12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの

認定基準における12級と14級の差については、12級は「通常の労務に服することはでき、職種制限も認められないが、時には労務に支障が生じる場合があるもの」であり、14級は「12級よりも軽度のものが該当する」とされています。

また、自賠責保険においては、

12級 障害の存在が医学的に証明できるもの
14級 障害の存在が医学的に説明可能なもの

とされています。

「医学的に証明できる」とは、医師が視診、触診や画像診断などによって症状について裏付けることができるものをいいます。

  • 弁護士が代わりに交渉することで、賠償額を増額できる可能性があります。
  • 過失割合や後遺障害の等級が適正かどうか、見直すことが出来ます。
  • 治療や休業補償の打ち切りを迫られている場合、延長交渉ができます。
  • 交渉は全て弁護士が対応するので、お怪我の治療に専念できます。




後遺障害等級認定マップサービス案内


専門家PICKUP

西森行政書士事務所

西森 広次
西森行政書士事務所
(奈良)

西森行政書士事務所の詳細を見る



後遺障害等級認定の専門家の皆様へ

交通事故・後遺障害等級認定全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク