交通事故相談、後遺障害等級認定、交通事故被害者のサポートなら事故相談・後遺障害等級認定全国マップにお任せ下さい。

精神・神経の障害

非器質性精神障害

非器質性精神障害とは、脳に器質的損傷は確認できないが、異常な精神状態が生じている状態のことです。 
以下のような症状が問題となります。
 

  • 抑うつ状態
  • 躁状態
  • 不安状態
  • ストレス反応症状
  • 身体表現性症状
  • 幻覚妄想状態
  • その他(不眠記憶障害・知的能力の障害など)

上記の症状につき問題となってくるのは交通事故との因果関係ですが、これは様々な要因によって判断されます。

そして交通事故との因果関係が認められると後遺障害等級の評価が問題となりますが、目安となる認定基準は以下のとおりです。
 

  • 日常生活において著しい支障が生じる場合・・・・9級
  • 日常生活において頻繁に支障が生じる場合・・・・12級
  • 概ね日常生活は可能であるが、時々支障が生じる場合・・・・14級
  • 弁護士が代わりに交渉することで、賠償額を増額できる可能性があります。
  • 過失割合や後遺障害の等級が適正かどうか、見直すことが出来ます。
  • 治療や休業補償の打ち切りを迫られている場合、延長交渉ができます。
  • 交渉は全て弁護士が対応するので、お怪我の治療に専念できます。




後遺障害等級認定マップサービス案内




後遺障害等級認定の専門家の皆様へ

交通事故・後遺障害等級認定全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク