交通事故相談、後遺障害等級認定、交通事故被害者のサポートなら事故相談・後遺障害等級認定全国マップにお任せ下さい。

交通事故の基礎知識

積極損害【認められる費用】

傷害事故での損害のうち、積極損害といわれる損害は、交通事故によって受けた損害のうち、実際に支出した(または支出予定)の損害のことです。ケガが完治するまでのさまざまな費用が含まれます。
損害賠償額として認められる費用には、主に以下のようなものがあります。

治療費

  • 入院治療費
  • 手術費
  • 通院の治療費

証明するための必要書類

  • 領収書
  • 診療報酬明細書

※入院時の1人部屋などの割り増し料金は、医師によって治療上必要であると認められた場合か、相部屋に空きがなかった場合以外は認められません。

※鍼灸・マッサージ・温泉治療・治療器具などは、医師の指示があり治療に有効で、相当な金額のみ認められます。この場合も、領収書はしっかり保存しておきましょう。

付き添い看護費

※医師が、付添い人が必要と判断した場合、またはけがの状況・年齢などから入院や通院に付添い人が必要と認められる場合。原則として支払った全額が認められます。
※重い障害が残った場合も、認められることがあります。

家族などの近親者が付き添った場合に認められる額

  • 入院:1日につき、5500円~7000円
  • 通院:1日につき、3000円~4000円

他人の付添い人を雇った場合に認められる額

  • 実費の全額

証明するための必要書類

  • 領収書

その他の費用

  • 入院雑費
    寝具・衣類などの日用品、牛乳などの栄養補給品、新聞・雑誌の購入費など。
    ※定額で、入院1日につき1400円~1600円。これを超える場合は、必要性が認められた分。
  • 交通費ケガの完治(または症状が固定するまで)までの入院・通院・退院などの交通費の実費。
    ※タクシーは必要性が認められた場合のみ。
    ※症状が重い場合で、家族が遠方に住んでいる場合などは、家族の分の交通費が認められる場合もあります。
    ※自家用車を利用した場合には、ガソリン代・高速代・駐車場代などの実費が認められます。
  • 装具など
    車イス・めがね・コンタクトレンズ・義肢・義眼・入れ歯・かつらなどの実費額。領収書が必要です。
  • 家や車のリフォーム代
    ケガや後遺障害のために、家や車をリフォームする必要が生じた場合は、これらの改造にかかった費用の実費全額。
  • 子どもの学習費・保育費など
    子どもが交通事故、それに伴う入院などで学習面の遅れが生じた場合に、 それを補うための、 学習用書籍の購入費用、家庭教師費用、学習塾の費用
  • 子どもの休学が原因で留年した場合に、改めて支払わなければならなくなった場合の授業料、親が事故で負傷して、子どもの面倒が見れずに第三者に子どもの世話を頼んだ場合の保育料または実費相当額
  • 弁護士が代わりに交渉することで、賠償額を増額できる可能性があります。
  • 過失割合や後遺障害の等級が適正かどうか、見直すことが出来ます。
  • 治療や休業補償の打ち切りを迫られている場合、延長交渉ができます。
  • 交渉は全て弁護士が対応するので、お怪我の治療に専念できます。




後遺障害等級認定マップサービス案内


専門家PICKUP

西森行政書士事務所

西森 広次
西森行政書士事務所
(奈良)

西森行政書士事務所の詳細を見る



後遺障害等級認定の専門家の皆様へ

交通事故・後遺障害等級認定全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク